@ケアマネ試験対策室

2014/12/10  2014年(第17回) ケアマネ試験 合格基準

2014/10/26  ケアマネ試験 合格発表は?

2014/09/13  「一点の重み」を知る

2014/09/03  「合格する」 心の持ち方

2014/08/25  やる気 スイッチ

2014/03/08  2014年(第17回)ケアマネ試験日程決定!

2014/02/11  ケアマネ試験 過去2番目に低い合格率

2014/01/24  ケアマネ試験 合格者の「時間の使い方」

2014/01/23  ケアマネ試験 2015年受験要件見直し?

2013/07/13  公式フェイスブックページ  いいね^^

2013/06/21  今年、狙われそうな制度改正情報

2013/05/24  2013年 ケアマネ試験対策CDセミナー

2013/01/21  2013年 ケアマネ試験 絶対合格するぞ!

2012/11/05  2012年(第15回) ケアマネ試験 解答例

2012/09/06  2012年 介護保険制度改正 メルマガ

2012/08/10  CDセミナー 介護新聞に紹介されました!

2012/03/02  2012年 介護保険制度改正の勉強法!

2011/09/12  2011年度 ケアマネ模擬試験日程

2011/05/20  CDセミナー「介護新聞」で紹介されました!

2010/10/05  2010年度 ケアマネ予想模擬試験

2010/08/26  介護新聞で紹介されました!

2010/05/01  ケアマネ試験!独学で一発合格する方法

2009/04/24  CDセミナーが、介護新聞で紹介されました

2009/03/30  ケアマネ試験対策 CDセミナー

2009/03/01  ケアマネ模擬試験【日程】 2010年

2008/12/18  ケアマネージャーの求人/求人・転職情報

2008/10/19  2008年 ケアマネ試験 合格発表は?

2008/08/22  ケアマネ模試サイトが、介護新聞に掲載!

2008/08/14  国・市町村・財政 徹底マスター模試

2008/07/23  要介護認定 徹底マスター模試

2008/07/04  介護支援分野の模擬試験サイトオープン!

2008/05/22  2008年(第11回)ケアマネ試験日程決定

2008/02/08  介護新聞で紹介されました!

2008/02/01  介護支援分野 【模擬試験特別パッケージ】

2008/01/19  2008年 ケアマネ試験対策 メルマガ配信

2007/12/10  2007年(第10回) ケアマネ試験 合格基準

2007/12/10  2007年(第10回) ケアマネ試験 正式解答

2007/11/01  2007年(第10回) ケアマネ試験 解答例

2007/10/16  【緊急報告】 ファイナルチェックテスト

2007/10/03  ケアマネ試験 直前対策模試のご案内

2007/09/04  第2回 ケアマネ模擬試験のご案内

2007/08/22  ヤフーで紹介されました!

2007/08/17  第1回 ケアマネ試験対策模試のご案内

2007/08/03  ケアマネ模擬試験案内 (介護支援分野)

2007/08/02  介護予防事業の覚え方!

2007/07/27  地域支援事業の理解は必須!

2007/07/02  【超重要!】 元気高齢者と特定高齢者

2007/06/21  要介護認定の申請代行について

2007/05/05  2007年(第10回)ケアマネ試験日程決定

■ケアマネ試験情報をメールにて配信しております!
 メールアドレス 
 お 名 前     
メールアドレスなどを入力して、ボタンを押してください。
   

@ケアマネ試験対策室トップ > @ケアマネ試験用語集 >  1次判定 (介護保険)

1次判定 (介護保険)

▼要介護(要支援)認定の仕組み 1次判定

要介護(要支援)認定は、2段階の判定があります。
1段階目がコンピューターによる1次判定。

そして2段階目が、専門家の目で確認する2次判定があります。
この専門家集団の確認の場が、介護認定審査会となります。

▼申請から1次判定まで

要介護認定の1次判定では、介護に必要な「手間(時間)」を調べます。 ←これが1次判定の一番大切なポイント!

▼どうやって介護に必要な「手間(時間)」を調べるのか?

□介護保険の申請をした場合、申請者に対して調査員が自宅を訪問して、認定調査(全国統一の質問)を行います。

□認定調査では、概況調査(氏名や住所などの基本情報)や82項目の質問とチェックの判断理由などを特記事項に記入していきます。

□市町村は、申請書に書かれた「主治医」に主治医意見書を依頼。

□認定調査の調査結果と主治医意見書の内容をコンピューターに入力すると、介護時間を計算し、その介護時間に対応する要介護度が出ます。

それが下記の表。
要介護(要支援)状態区分 基準時間(介護時間)
要支援1 25分以上32分未満
要介護1相当 要支援1 32分以上50分未満
要介護1
要介護2 50分以上70分未満
要介護3 70分以上90分未満
要介護4 90分以上110分未満
要介護5 110分以上
    ↑↑↑↑
 これが1次判定の結果!

□1次判定で要介護1相当とされた場合、認定審査会(2次判定)において、認知症高齢者の自立度や廃用の程度を勘案し、要支援2または、要介護1と認定される。

この1次判定の結果をもとに、介護認定審査会で2次判定を行う。


【新着情報】